スポンサーサイト

-

一定期間更新がないため広告を表示しています


ハンディレコーダー 音楽的なランク付けしてみます。

珍しく長文の日記?でも書こうと思います。

自分の周りではEDIROLのR-09(HR)を使ってる方が多いです。
その次にZOOMのH4。
まぁハンディレコーダーも色々なものが出てきました。

じゃあどれがいいの?

以下はサンレコ特集に付属してた聞き比べ音源(アコギ・パーカッションのセッション)から、
音楽的な録音に最適なのはどれかっていうのを自分なりに採点してみました。(10点満点)

ちなみに純粋に音の評価だけなので、値段は考慮に入れてないです。
また音楽的に欲しいと思われる機能については点数に考慮しています。

バンドや個人練習に便利なハンディレコーダー。
そんなハンディレコーダーを買う際の参考にでもなればと思います。



エントリー.1 「ALESIS Pro Track」 27090円 【3.3点】

i Podをメディアとしてくっつけて使うというアイデアは今時っぽく面白いですね。
けどその為かサンプリングレートも16bit44.1khz固定は他のメーカに比べるとマイナス点。
また高域が相対的に出過ぎています。録った音は固めの印象を受けそうです。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=120^PROTRACK^^


エントリー.2 「EDIROL R-09HR」 40000円前後 【4.5点】

自分が使っているのがコレになります。
若干中高域に癖がありますが、割といい感じに低域も拾ってくれます。
ただ、6〜7khzあたりより上からの音がもう少しのってほしかった。
あと自分としてはファンタム電源がついてほしかったです。これだけでかなり点数が変りそう。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=301^R09HR^^


エントリー.3 「MARANTZ PMD661」 91350円 【6.5点】

個人的にはかなり好みでした。
中域から低域にかけてアナログっぽい粘りが出てると思います。
この癖は音楽的に見て良いですが全体のバランスからみてハイのインパクトが
欲しくなるかもしれません。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=474^PMD661^^


エントリー.3 「M-AUDIO Micro Track II」 29800円 【7.8点】

今回の聞き比べで一番、パワー感がありました。
コンプ・リミッターオフなのに驚きました。
特に他のメーカーにない低い倍音を感じれたのが好印象。
おそらくプリアンプの特性と思われます。バンド向けなレコーダNo1だと思いました。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=485^9900-52279-12^^


エントリー.4 「OLYMPUS LS-10」 50000円前後 【4.3点】

R-09HRを若干大人しくしたような印象を受けました。
低域がもう少し欲しいですが、バランスはR-09HRより上かもしれません。
相対的にハイも感じれるのが好印象でした。
http://olympus-imaging.jp/product/audio/ls10/index.html


エントリー.5 「SONY PCM-D50」 60000円前後 【8.5点】

本体に付属のマイクに定評があります。
バランスも素晴らしく、Micro Track IIは録音後に補正したような音がとれますが、
こちらは原音にあまり着色せず音をまとめている印象です。
バンドに限らず楽器単体などにも重宝しそうです。流石ソニー好印象でした。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=680^PCMD50^^


エントリー.6 「TASCAM DR-7」 20000円前後 【3.8点】

最初の印象はもう少し低域が欲しいなと感じました。
ある意味ではどのメーカーより地味に聞こえます。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=738^DR07^^


エントリー.7 「YAMAHA Pocketrak CX」 40000円前後 【7.8点】

バランスが素晴らしくヤマハっぽい爽やかなサウンドにまとまります。
SONY PCM-D50に比べて低域が感じれないため大人しく感じますが、
その分すっきりとした印象。ただ低域を間引いている以上、
楽器ソロなどはこちらではなかなかカッコイイ音がとれないかも。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=814^POCKETRAKCX^^


エントリー.7 「ZOOM H4N」 36750円前後 【7.2点】

正直ZOOMブランドフィルターがありました。
想像していたより善戦した印象です。
R-09HRより帯域が下によっていて地に足がついた印象。
けどそれでいて同製品よりすっきりまとまっています。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=822^H4N^^


エントリー.8「KORG MR-1+AUDIO-TECHNICA AT822」 75600円+31500円【9.5点】

話題の1bitレコーディングが出来るハンディレコーダ。
別途コンデンサーマイクを使用しているのもあって、
ハイの印象は他メーカーを寄せ付けません。
ちょっとこれは次元が違いすぎて比べるのが可哀そうになります・・・。
ハイスペックなマイクプリ・コンバーター。完全にプロユースクオリティです。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=444^MR1^^
※ちなみに付属のマイクがダメすぎるのでも有名です。





【総評・バンドならM-Audio Micro Track II 、個人楽器ならSONY PCM-D50】


と、まぁ概ねこんな感じですが、KORGのMR-1に関しては平等な評価とはいきませんでしたが、
ただハンディレコーダー単体のクオリティで考えてもMR-1に勝敗があがりそうです。
またZOOMのH4Nが思ったより善戦しているのにも驚きました。

正直ZOOMのギター向けの製品はアレな印象が強かったんですが、
ハンディレコーダーではいい感じにハッタリがかませてると思いました。

またM-AudioのMicro Track IIは新しい発見。
これは値段的に見てもバンドやっている方にはオススメだと思います。


今回の聞いた音源はハンディレコーダーの能力を引き出す目的で、
レコーダー毎にマイキング方法を変えています。
良い音を撮るにはやはり各自工夫がいるということですね。

また楽器単体を録る目的ではSONYのPCM-D50が良さそうです。(MR-1をのぞいて)
ただし楽器演奏者が持つなら自分の楽器にあったものを選ぶのもポイントだと思います。


http://www.amazon.co.jp/レコーディング・マガジン-Sound-Recording-magazine-エンハンスドCD付き/dp/B001TQMPM0/ref=sr_1_3?ie=UTF8&s=books&qid=1243061863&sr=8-3

スポンサーサイト

-


special site

間奏 INTERLUDE バナー1 さよならポップス バナー1 ミニマリズム進化論 バナー1 ぼくたちの変拍子 バナー1 真夜中のピアニッシモ バナー1

search this site.

categories

archives

others

PR