スポンサーサイト

-

一定期間更新がないため広告を表示しています


M3お疲れ様でした!& caracolがすごく良い

M3お疲れ様でした!(1ヶ月すぎようとしてますが・・・)
 
続きを読む >>

今年も宜しくお願いします。

2013年も宜しくお願いします。
ツイッターもちょっと飽きてきたのでブログをちょいちょい更新してこうかな。

このM3-2011春CDがすごい!


 
kizkizさんからお誘いがあったので春M3で頂いたCDの中からちょっと書いてみようかなと思います。

1.そらにみちるおと / Utage 様
 

ピアノを中心とした編成で掴みどころのない不思議な曲調のCDでした。
クラシックについてそれほど詳しくないのですが、どちらかといえばコンテンポラリーに近いのではないかと思います。
難解な音楽とポップさのバランスを考えて作ってあるので全体の印象として聞きやすく、蒼咲さんの歌も素敵です。

聞く人を選ぶ内容だと思いますが同人音楽が好きな方には鉄板だと思います。


2.音楽ピューパとやさしい世界 / bassy 様


bassyさんの2ndアルバム。
普遍的なメロディの良さがボーカルの実力を引き立てる良作だと思います。
王道を感じさせるポップさと丁寧に作られたオケが心地よく、こちらも歌いたくなりますね。

自分のCDにも参加して頂いているNina branchさんの参加も聞き所の一枚だと思います。


3.Nostalgic Fabric / 深水チエ 様

 
深水チエさんの3rdアルバムです。
女性らしい天真爛漫な音楽で自由な発想、それでいてディティールの細かい一つ一つの音がチエさんの音楽を支えている事にいつも驚かされます。
チエさんの音楽は人間らしく それでいて深いと思います。


以上、特に印象に残った3枚を紹介させて頂きました。
それぞれ趣向の違う3枚ですがいずれも同人音楽としての良さが詰まったCDだと思います。
まだ手に入れてない方は是非!

 

サラウンドピアノ

 自分がお世話になっていた研究室からサラウンドピアノなるオーディオDVDが発売されました。

以前、このブログでも少し話題に出たのですが、ピアノの音に
ディレイとフィルター使い、積極的にサラウンドの音作りを施した、
ある種実験的なDVDです。
※ステレオ環境でも再生できます。

サラウンドピアノ
Surround Piano(Amazon)

サウンドデザイン:黒川真毅
ピアノ奏者:中島久恵
プロジェクトリーダー:西口磯春


中島さんはフリージャズ系を得意とするジャズプレイヤなのですが、
今回の作品でもその持ち味を生かした自由な即興演奏が楽しめます。

イメージでいうとライルメイズのソロピアノのアルバムに近いかな。

残念ながらサラウンド環境を持っていないのですが、
ステレオでも非常に面白い内容でした。
ジャズファンからエンジニア的な視点でも楽しめると思います。

是非、聞いてみてください。

JUGEMテーマ:空間 x 音響


パッケージ文化

おはようございます。今は朝です爽やか。

今回はちょっとジャケの話。

CDはここ数年は基本的にアマゾンなんかで買ってるんですが、
先日久しぶりにCDショップで買いました。

世のCD不況というか単価の下落っぷりが激しいなと思う一方で、
ネット配信の普及はちゃくちゃくと進んでいるんですよね。

昔参加したCD。ジャズは皆無
自分が参加したこのCDもiTunesStoreで買えたりします。


それはそれで便利だと思うのですが、やっぱりパッケージ文化が好きなんです。
音楽好きなら誰でも経験あるジャケ買いとか。

Black Crowsを聞くようになったきっかけもAmoricaというCDのパッケージがきっかけでした。
やっぱりパッケージは音楽を聞くための入り口であり、
曲名やアルバムタイトルと同じように重要なものなんですよね。

他にも”クリムゾンキングの宮殿”、”恐怖の頭脳改革”、”Wish you wher here”・・・。
(名ジャケットといえばプログレ)

と、長い前ふりでした(笑)
今回のジャケットは学生時代の同級生で友人、今はデザイナー職で頑張っている、
ダイチ君にお願いしました。暖かみのある質感とユーモアに脱帽。感謝です。

ぼくへんジャケ
学生時代の作品だとか。

そんなダイチ君は先日、朝日新聞のコンテスト?で賞を受賞したそうです!
この場を借りておめでとう!


また、話は変わるのですが、M3当日は枚数限定でおまけCDつけます。
内容は「ぼくたちの変拍子・オフボーカルver」です。気になる方はお早めに!

Studio-Kurage 新作「ぼくたちの変拍子」特設サイト公開中です!



[Staff]

茶太 [茶太屋]
南条あきら [Rocketeer Tracks]
緑坂亜綾 [裏月]
Nina Branch [The Spring Beach Works]
foolen [群青箱庭]
樹薩らん [月ノ鳥]
OchiYuu
takezou [Studio Kurage]

[日程・場所]

5月5日(水・祝) 場所 : 東京流通センター Fホール  スペース L34

イベント価格:¥1000 (枚数限定でオフボーカルCD付属)

JUGEMテーマ:同人音楽


スフォッフォ ライブ見てきた!

今日は何とスフォッフォfeat鬼怒無月さんのライブに行ってきました!



吉祥寺のフレッシュネスバーガーで食べたマッシュールームバーガー



吉祥寺の某ライブハウス

スフォッフォはコンテンポラリージャズとコントを見事に融合させる事に成功した
次世代サウンドを世に送り出している奇跡のバンドです。

ちなみに今回はかなり
鬼怒無月さんをフィーチャーしてました。
そんでもっていつもより真面目な演奏でした。
いつもよりトークも少なかったです。

それでも多くの名言を残した鬼怒さんはスフォッフォの歴史に大きな爪痕を残して行きました。

We are japan!!

スフォッフォにギターはかなりマッチしてました!斎藤さんの綺麗なハーモニーに鬼怒さんのアンビエントなギター、鳥越さんの弓が奏でる美しい旋律、田中さんのスレスレな発言。
どれもが見事にマッチしたコントだったと思います。あ、演奏だったと思います。
どっちも似たようなものですよ。

とにかくよかった!
勝手に応援。→スフォッフォ ザ ベスト 特設サイト(※少し音が出ます)


オリジナルCD"真夜中のピアニッシモ"、”
あきばおーこく”さんに次いで”D-Stage”さんでも
予約を受け付けております。ちなみに20日に店頭に並ぶ予定です。
また”とらのあな”さんの委託も決まっています。
  →  特設サイトはこちら(フラッシュ内の蝶々をクリックでクロスフェードデモが流れます)

    また既に購入された方はアンケートの記入にご協力ください。よろしくお願いします。

JUGEMテーマ:ジャズ


初めての秋葉原のライブハウス

先日、初めて「秋葉原Club Goodman」に行ってきました。
お目当ては最近勝手に注目してる鬼怒無月さん(Gt)でした。

Salle Gaveau(サルガヴォ)というちょっとマニアックなジャズバンドなんですが、
個性豊かというかデコボコというか、すごい変なバンドでして。

みんな馬鹿テクですごく挑戦的・実験的な要素が強く、曲は抽象的な面が強いんですが、
それぞれの音の表現しているレベルがすごい高い。
特にヴァイオリンの喜多直毅さんは神がかっていて、最高でした。
やっぱり生のヴァイオリンは最高やねー。いつか録音してみたい。

ゆずゆず

全然関係ないけど、アキバMusic Voxにあった「けいおん」のポスタ。
放送終わっても人気すごいですねー。


あ、あと自分はこのバンドでピアノを弾いてる林正樹さん、ベースの鳥越さんが参加している、
スフォッフォというバンドがすごく好きなんですよ。是非今日はこれを紹介したいなーと。
勝手にリンク貼ります。もっとガンガン活動してくれないかなぁ〜。

Sufofo オフィシャルサイト

名演:飛ばないでスフォッフォ


たまにはこういうまとまりのない日記もいいなぁ〜。

JUGEMテーマ:ジャズ


グッバイMJ

更新が滞っててすみません^^;

先日ライブしました!
ジャミロクワイとかスティービーワンダーとかやったんです。
まぁそのライブは、最初MJの曲をやろうって話をしてたんですね。
けど歌が難しくって結局、お蔵入り。
で、ライブ本番の数日前にMJが。。。
ご冥福をお祈りいたします。


うちのドラマー、イドバタさん


うちのベース、ネモト。自分の曲も何度か弾いてもらってます。


鬼畜合唱団。素晴らしい天使のラブソングでした。


最近やたらタスクが重なってきてかなり、忙しい状況です^^;


5.1chピアノ!

今日は自分がお世話になった大学の研究室に遊びに行ってました。
ちなみにDTMに関してはその研究室の先生から色々と教えてもらいました。
今は一緒にバンドをやったりとかなりプライベートな付き合いもあるんですが、
その先生は今、新しい楽器?の研究・開発をしています。
それがサラウンドピアノ(正式名称は聞いてなかったw)。
5.1chピアノ ちょっと詳細に触れるとピアノの音をマイクで拾ってディレイとフィルターを使って、
サラウンドの音場を作るというもの。
またその広げた音は独特で高級なアナログシンセなどにイメージは近かったですが、
けど独特な音を体感できます。ちょっと感動した。
ちなみに、ちょろっと自分が言ったアイデアが採用されそうな空気。どうなる!?

今後の課題もありますが、オマールソーサといったアーティストもこのピアノに
関心を持ってくれているそうです。
今後の動向に目が離せませんw

| 1/1PAGES |

special site

間奏 INTERLUDE バナー1 さよならポップス バナー1 ミニマリズム進化論 バナー1 ぼくたちの変拍子 バナー1 真夜中のピアニッシモ バナー1

search this site.

categories

archives

others

PR